特に人気の都立霊園から抽選いらずの寺院墓地まで、東京都内のおすすめ人気霊園・墓苑をランキングでご紹介します!

お墓の準備はいつまでにする?納骨の時期はいつまで?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/28

家族や自分自身が亡くなった後に必要になるのがお墓ですが、どのぐらいまでに用意をしておけばいいのかを知っておくのが大切です。納骨をするときに準備が整っていなければ大変なことになってしまうので、注意が必要になります。

お墓を建てるタイミングは特に決まっていない

家族が亡くなったときにお葬式で故人を供養していきますが、火葬された遺骨をお墓に納骨する必要があります。故人が生前にお墓を用意している状態であれば、そこに納骨をすれば問題ありませんが、何も準備がされていないケースも考えられます。

若くても病気で突然死をしてしまう可能性がありますし、交通事故で亡くなってしまうことも想定できます。若くして亡くなった場合でも遺骨の対応を残された遺族はしなければいけないので、霊園で手続きなどをおこなう必要があります。

人が亡くなるタイミングは人それぞれで異なるので、お墓を建てる時期も全ての人が一緒になることはありません法律でもお墓を建てるタイミングについて決まりはないですし、仏教のしきたりでも絶対に建てなければいけないタイミングは存在しません

基本的には必要になったタイミングで各自の判断で建てるのがベストになりますが、高齢者になってきたらある程度は亡くなる時期が分かってきますから、事前に用意をしてしまうのも賢い選択になります。法律や仏教などで絶対的なルールは存在しませんが、一般的に準備をするタイミングがあります。

一般的には故人が亡くなった後の法要に合わせて用意をするケースが多いですが、法要に合わせて用意をすることで、開眼供養をおこなえるので、納骨をスムーズにできます。法要に合わせる場合はお墓の工期を意識する必要があり、一般的な工期には2カ月以上の期間が発生しますから、法要と完成する時期が合うように購入をするのが重要になります。

納骨はいつまでにおこなう必要があるのか

火葬をした後の遺骨は基本的に遺族の手元にきますが、所定の場所に埋骨するまでは丁寧に管理をする必要があります。自宅に仏壇が用意されていれば、自宅である程度の期間は保管をしておくことはできますが、基本的には一時的に保管をするのがメインになります。

お寺によっては遺骨を一定期間預かってくれる所もありますが、預かってもらうにはある程度のお金を支払う必要があるので、自宅で保管をするよりも費用負担が増える可能性が高いです。お墓を建てる明確な時期は法律的にも決まりはありませんが、納骨も特別決められたタイミングは存在しないので、自宅で遺骨を長期間保管してから納骨をすることも可能です。

しかし故人を安らかに供養するためにも、故人が落ち着ける場所を確保する必要がありますし、霊園であれば綺麗な環境のなかでゆっくりと眠らせることができますから、余りにも長期間自宅に保管をするのは故人のためにもよくないです。

そのためできるだけ早めのタイミングで埋骨のステップに移行をするのが大切になります。一般的にお墓を用意する理由としては四十九日の法要に納骨をするためでもあるので、四十九日に納骨するイメージを持っておくとスムーズに行動に移せるはずです。

霊園のサービスを利用するのが簡単

家族が亡くなったときにいろいろと準備をするのは大変です。大切な家族が亡くなったときはとても悲しいですし、誰しもが気が動転してしまうことが考えられます。その段階から個人的にスムーズに行動をするのは難しいですから、霊園のサポートを受けるのが重要になります。

お墓を用意するときにも霊園を利用する必要がありますから、何か分からないことがあれば、霊園にすぐ相談してしまうのが簡単です。霊園には多くの遺骨を大切に扱ってきた実績がありますから、家族の状況などを相談すればそれぞれの家庭にとってベストな時期に納骨ができるように配慮をしてくれます

金銭的な余裕がなくて、一周忌に埋骨の準備をするのが厳しい場合は、三回忌までに埋骨をすれば問題がない考えかたもあるので、いろいろな選択肢を霊園は提示をしてくれます。お葬式なども含めていくと高額な費用が短期間で必要になりますから、家計が苦しくならない範囲でサポートしてもらうのが大切です。

 

家族が亡くなってしまったときにお墓や納骨をおこなう時期が気になりますが、法律や仏教で決められた時期は存在しないので、各家庭の自由になります。しかし長期間自宅に遺骨を保管するのは大変ですし、お寺で一時的に遺骨を与ってもらうにも、費用負担が発生するので、故人の遺骨を埋骨する場所を早めに用意するのが大切です。

一般的には四十九日の法要に合わせて準備を進めていくケースが多いので、一般的な時期を参考にして行動をするのも選択肢の一つになってきます。故人が亡くなって何も考えられない状況の場合は霊園のサポートを受ければ、精神的なケアをしてもらいながら、徐々に準備を進めていけるので、とても頼もしい存在です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
都内の霊園・墓苑ランキング
第2位 小平霊園
小平霊園の画像1
第3位 青山霊園
青山霊園の画像1
第4位 高輪庭苑
高輪庭苑の画像1
第5位 多磨霊園
多磨霊園の画像1
都内のおすすめ霊園ランキング!